ワンウェイ方式のウォーターサーバーのメリット

ワンウェイ方式のウォーターサーバーを利用したい場合、どのようなメリットがあるのか知っておいた方がいいです。
そもそもワンウェイ方式とはボトル・パックが使い切りになっており、
空になったら資源ごみと一緒に処分できるサーバーのことをいいます。
反対にボトルを回収して、再利用するサーバーのことをリターナブル方式といいます。
現在のウォーターサーバーの主流はこの2つだと思ってください。
ワンウェイ方式のウォーターサーバーのメリットは、先ほどもお話したように使い切ったボトルやパックを処分できることです。
リターナブル方式だと業者がボトルを回収に訪れるまで、自宅で保管しないといけません。
そうするとボトル保管スペースを確保する必要があるので、部屋の使用スペースが狭くなりますし、
ワンルームだと圧迫感が出てしています。
また回収してもらうのを忘れてしまうとどんどんボトルが増えていき邪魔になります。
こういった問題が起きないというのがワンウェイ方式の最大のメリットだといっていいでしょう。
そして、ワンウェイ方式のウォーターサーバーは構造的に不純物が内部に入り込まないので衛生的です。
無菌状態に近いので最初から最後まで同じ品質の水を使用することができます。
リターナブル方式だと使用する度に空気が多少なりとも入ってしまうので、品質が低下してしまいます。

 

 

 

 

ワンウェイ方式のウォーターサーバーのデメリット

ワンウェイ方式のウォーターサーバーはメリットばかりでメリットがないようなイメージが強いですが、そんなことはありません。
いくつかデメリットも存在するので、そのことを十分に理解した上で利用してください。
ワンウェイ方式のウォーターサーバーのデメリットは使い切る度にごみが出ることです。
空ボトルの保管場所を設ける必要はありませんが、毎回使い終わる度にごみが出てしまうので環境にやさしくはありません。
環境に配慮するのであれば、再利用タイプのリターナブル方式の方がいいでしょう。
使用スピードが早いとどんどん空ボトルが増えてしまい、資源ごみでいっぱいになってしまいます。
さらにワンウェイボトルは使用する度にどんどん小さくなっていくという特徴がありますが、
伸縮が不十分なものだと少し水が残った状態で交換しないといけません。
最後の1滴まで使えない可能性があるのでもったいないです。
そして、ワンウェイ方式とリターナブル方式のウォーターサーバーを比較した場合、
リターナブル方式の方が比較的安い傾向があります。
そのため、ウォーターサーバーでコストパフォーマンスを重視するならワンウェイ方式よりもリターナブル方式を選ばれた方がいいでしょう。

 

 

オーケンウォーターって?

オーケンウォーターは日本全国から厳選したこだわりの天然水を楽しめるウォーターサーバーです。
選べる天然水は、いにしえの天然水「京都丹波の銘水」、純天然のアルカリイオン水「金城の鼻」、
亜鉛・ゲルマニウム天然水「大分天領の銘水」、バナジウム天然水「富士山の銘水」の4つです。
この中でも人気なのが美容や健康にいいと話題のゲルマニウム・バナジウムが含まれている大分天領の銘水と富士山の銘水の2つです。
オーケンウォーターはウォーターサーバーのデザインバリエーションも豊富です。
業界最多の6種16カラーから自由に選ぶことができるのでお部屋の景観を崩さずに済みます。
どれを選んでもデザイン性が高く、インテリアとしても利用できるので自分の個性を出したいという人におすすめです。
さらにどのウォーターサーバーもレンタル代無料となっており、ボトルの配送料もかかりません。
月々に発生する費用はボトル代のみなので、無駄なお金は一切かからず、リーズナブルな料金で利用することができます。
そして、無菌エアシステムを搭載しているので内部に雑菌やほこりが混入する心配もありません。
常に綺麗で美味しい水を使うことができ、定期的メンテナンスも不要なのでメンテナンス費用もかからないです。

 

 

サントリー天然水ウォーターサーバーって?

サントリー天然水ウォーターサーバーは名前の通り、みなさんご存知の大手飲料水メーカー「サントリー」が提供しています。
知名度が非常に高い企業が提供しているウォーターサーバーということもあって、安心感が他社とは違います。
そのため、心から安心してウォーターサーバーを使いたい人におすすめのウォーターサーバーです。
最大の特徴は女性や高齢者でも簡単に水を設置できることです。
従来のウォーターサーバーは12リットルのガロンボトルが一般的でしたが、
サントリーのウォーターサーバーは7.8Lのボックスタイプを採用しています。
このように通常よりも水が少なく軽いので力の無い方でも簡単に設置できるはずです。
天然水ボックスの取り外しや取り付けもレバーをスライドするだけなので機械が苦手という方でも安心です。
また、サントリーのウォーターサーバーはお湯・冷水で2段階ずつ温度調整ができる4段階温度設定機能を搭載しています。
季節や使用目的によって、好みの温度に調整できるのは大変便利です。
特に赤ちゃんのミルクづくりにもってこいの機能です。
そして、新規入会限定で「年割りプラン」というキャンペーンを実施しています。
天然水が対象期間中ずっと5%オフで購入できますし、豪華プレゼントももらえます。

 

 

フレシャスって?

フレシャスは女性に支持されている天然水ウォーターサーバーです。
女性に人気がある理由はウォーターサーバーのデザインに隠されています。
一般的なウォーターサーバーだとデザイン性に欠けるものが多く、お世辞にもオシャレとか可愛いといった印象は抱くことはないはずです。
そのため、ウォーターサーバーをお部屋に設置した場合、景観を損ねることが多いです。
一方、フレシャスのウォーターサーバーはデザイン性に優れており、可愛らしい印象を抱くと思います。
さらに人気アニメとコラボしたオリジナルデザインのウォーターサーバーもあるので、大人だけではなく子供からも支持されています。
そして、ボトルの交換が大変というウォーターサーバーのデメリット部分を解決しているというのも女性に人気の理由です。
通常のウォーターサーバーの場合、12Lのボトルを取り付けないといけないので女性の力だと大変な作業になります。
特に小柄な女性や妊婦さんだと取り付けが非常に難しいです。
しかし、フレシャスの場合は7Lパックを採用しているので、女性はもちろん高齢者でも楽々取り付けができます。
また使用済みのパックは折りたたんで、ご家庭で処分することが可能です。
回収してもらう必要がないので、保管スペースを設ける必要もありません。

 

 

富士青龍水って?

富士青龍水の最大の特徴は天然水の中にバナジウムが豊富に含まれていることです。
他社の富士山の天然水にもバナジウムが含まれていますが、富士青龍水はその中でも群を抜いています。
さらにバナジウムだけではなく、カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・
カリウムといった50種類以上のミネラル成分もたっぷりと含まれているので健康や美容に最適な天然水です。
ワンウェイ方式を採用しており、空のボトルはそのまま捨てることができます。
水が減っていくごとにどんどんボトルが縮んでいき、空になる頃には自然と小さくなっています。
そのため、使用後のボトルを保管するスペースを作ったり、回収で立会いをする必要もないので大変便利です。
またリサイクルタイプのボトルだと水を使用する度に空気が混入してしまうので、品質を維持するのが難しいです。
最初と最後では味が違う場合もありますが、富士青龍水の場合は空気が入らないので最後まで品質・味が変わりません。
申し込み料金・初期費用・ウォーターサーバーレンタル料金・メンテナンス料・配送料といった費用も一切かかりません。
1ヶ月にかかる費用はボトルの代金のみなので、リーズナブルな費用で使うことができます。
ウォーターサーバーを利用したいけど毎月のコストが心配という方にこそおすすめです。